ペット飼育 楽です!!


 マナーを守ることができれば、楽しくなります!
 しかし、ペット飼育の問題は、マンションで多発するトラブルの一つです。
例えば、発情期の鳴き声による騒音、排泄物の悪臭などが原因で発生します。
簡単に解決しない場合、裁判となった2〜3のケースがありました。
本サイトは、サイト管理者が管理組合の理事長として経験したことをもとに作成しました。

  あなたは、「2人に1人がペット嫌い」という事実を知っていましたか?

  2人に1人は、ペット好き、他の1人はペット嫌い。この関係は、です。
  これは、(財)マンション管理センターによるアンケート調査の結果です。
  実は、この事実を知ることが、問題解決のスタート地点です。
  好きと嫌いが激しく対立し、「トラブル」が発生するからです。

  マンションは、上下左右に人が住んでいるため、戸建てと比較してトラブルの発生する確率が高くなります。
  最悪、あなたがペット好きで周囲の4軒がペット嫌い、結果として、トラブルが発生します!

  ペット飼育 ← 周り4軒が猫アレルギーの場合


  ※ この状況は、猫の責任ではありません。飼い主の責任です。 
   実際、「細則」記事で紹介した、モデル規定第3の2「他の居住者に配慮する事項」の「イ」で解決できるからです。
  動物の毛や羽の手入れ、ケージの清掃等を行う場合は、必ず窓を閉めるなどして、毛や羽等の飛散を防止すること。

1.ペット飼育のポイントを知っていましたか?


  (1)マナーを守る
        (鳴き声、排泄物、抜け毛など)
  (2)ペットが役立つことを認識する
        (盲導犬などの証明書が必要です)
  (3)近隣の人々やマンションの居住者の意向を知ること
        (ペットがアレルギーなどの病気の原因となる場合など)
     >>>詳細は「トラブル解決」記事を参照願います。

2.マナーを正しく知る方法とは?


  (1)居住者にペット飼育のアンケート
     1)賛否
     2)被害、迷惑行為
     3)頭数など
        >>>詳細は「アンケート」記事を参照願います。
  (2)ペット飼育細則(ハウスルール)を作る
     1)可否
     2)「申請」方法
     3)条件
     4)禁止の措置
     5)「ペットクラブ」又は「飼い主の会」
        >>>詳細は「細則」記事を参照願います。
  (3)徹底的に「広報」する
      ※ 規約・細則があることさえ知らない人が大勢いるからです。
     1)会報  (「飼い主の会」の会報)
     2)ステッカー、ポスター
     3)マナー違反に対する「勧告書」
     4)パンフレットを全戸に配布
     5)掲示板を活用
     >>>関連情報は「トラブル解決」記事を参照願います。

3.マンションの状況と居住者の意識とは?


  (1)マンションが立地している地域が関係するかもしれません
     1)リゾートマンションの場合、状況が異なります。
     2)市街化区域の中心に立地している場合
  (2)マンションの規模・構造
     1)超高層マンション(20F以上又は高さ60m以上)
     2)タウンハウスまたはコーポラティブ
     3)ペ ッ ト 飼 育の対応のマンション
  (3)居住者の意識
     1)前半で説明しました「近隣の人々の意向」
     2)前半で説明しました「アンケート結果」

4.賃貸の場合どのように判断できますか?


   ポイントは、家主との「信頼関係」、近隣の人々に対する「マナー」です。
  (1)ペ ッ ト 飼 育が 契約書で禁止している場合
  (2)ペ ッ ト 飼 育が 契約書に書かれていない場合
     >>>詳細は「契約書」記事を参照願います。

5.判例から学ぶことが出来るのでしょうか?


   ポイントは、判例の論点・結論・理由を明確にすることです。
  (1)重要判例
     1)最高裁判所 平成10年3月26日「マンションにおけるペット飼育」
     2)東京地方裁判所 平成6年8月4日「ペット飼育禁止の管理規約の効力」
     3)東京地方裁判所 昭和58年1月28日「ペット飼育禁止違反と賃貸借契約解除」
  (2)区分所有法(マンション法)による訴訟の特徴
  (3)訴えに勝つために
     1)「規約」及び「細則」を定めることです。
     2)総会で訴えの決議をすることです。

     >>>詳細は「マンション」記事を参照願います。

ペット飼育 楽です! Home へ


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。